有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価とは BNFの株手法研究

通常モノの値段は、材料費や人件費に、売る側の儲けを上乗せして決められる。
モノを売るために、売るための店舗を構える必要があれば、場所を借りるお金・販売員の給料・宣伝費(宣伝が必要な場合)なども、一つのモノの値段に含まれる。
しかし売る側が決めた値段で買ってくれる人がいなければ、かかる費用を抑えるなどして、買ってもらえる値段にしなければならない。

ブランド品のバックなどは、高くても買いたいという人がいるので、値段を高く設定することができる。逆に閉店間際のスーパーでは、生鮮食料品など、売れ残らないよう朝の値段よりも安く売られている。

このようにモノの値段は、買う側の欲しい量と生産されている量によって決まる。買う側の欲しい量のことを需要といい、生産されるモノの量を供給という。
供給量より需要量が多い場合、モノの値段は上がる。逆に、需要量より供給量が多い場合、モノの値段は下がる。


BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

<< 物価指数とは BNFの株手法研究 | BNFの株手法研究ブログTOP | 双子の赤字とは BNFの株手法研究 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。