有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の需給ギャップと金利変動とは BNFの株手法研究

需給ギャップの現状と需要と供給の伸び率(実質成長率と自然成長率)との関係において、経済は、次の4つの局面(=経済の局面)にわけることができる。

(1) 需給ギャップが小さく、かつ実質成長率 > 自然成長率の局面
(2) 需給ギャップが小さく、かつ実質成長率 < 自然成長率の局面
(3) 需給ギャップが大きく、かつ実質成長率 < 自然成長率の局面
(4) 需給ギャップが大きく、かつ実質成長率 > 自然成長率の局面

局面に応じ、金融政策が行われる。政策によって反映される金利(金利の変化の方向は、長期金利も短期金利も同じ)は、政策の変化を知ることで金利循環を教えてくれる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

<< 公開市場操作とは BNFの株手法研究 | BNFの株手法研究ブログTOP | 経済成長率とは BNFの株手法研究 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。