FC2ブログ

有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済成長率とは BNFの株手法研究

一般的に経済成長率が上昇することは景気が強くなることを表し、下落することは景気が弱くなることを表す。景気分析をするときの最も基本的な作業が、経済成長率予測とされている。毎年、年末になると、多くの経済予測機関から、翌年度の経済見通しが発表される。この際、経済成長率として用いられる指標が、実質GDP成長率である。

経済成長率予測は、金利の方向を考える上でも、重要な判断を与えるものとされている。

一般的に成長率が上昇する場合には、投資をおこなうことによって得られる期待リターンも上昇すると考えられ、この場合、投資の需要が増加し、財(モノ)や貨幣(カネ)市場の均衡をもたらす実質金利は、理論上、上昇するとされる。

逆に成長率が下落する場合には、一般的に、投資をおこなうことによって得られる期待リターンも下落すると考えられ、この場合、投資の需要は減退し、財(モノ)や貨幣(カネ)市場の均衡をもたらす実質金利は、理論上、下落するとされる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

<< 経済の需給ギャップと金利変動とは BNFの株手法研究 | BNFの株手法研究ブログTOP | 景況感格差とは BNFの株手法研究 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。