有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気循環とは BNFの株手法研究

景気には波があるが、好景気と不景気が順番に起こることをいう。景気循環は様々な要因が絡み合って起こる。

好景気時には、人々の購買意欲は増加するので、その結果、モノが売れればそれを作る企業の業績が上がり、社員の賃金も上昇する。
売れるから生産を増やす。増やすためには生産設備を増強しなくてはならないので、設備投資も活発になる。しかし、生産を増やしすぎると、いつかモノが溢れるときがくる。
すると、モノの値段が下がり始め、物価も下がり始める。モノの値段が安くなっても、モノが余っている状態はすぐには解消されない。
売れなくなったモノは企業の在庫になるので、企業は生産量を下げる。そうすると企業の業績は落ち、経費削減のため賃金も削減される。この状態が不景気である。

しかし、モノの値段がいつまでも下がり続けるということはない。
下がる率も徐々に少なくなり、それほど下がらなくなる。
また、消費も生活するために最低限必要な量は維持されているので、再び消費が上向いてくる時が訪れる。確実に消費が上向くと企業も生産量を上げて、設備などを増強していく。景気はこのように循環していく。

循環していく理由はこれだけではない。政府は、さまざまな景気指標などを参考に、好景気や不景気が行き過ぎない様にいろいろな対策を講じている。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

<< 景気対策とは BNFの株手法研究 | BNFの株手法研究ブログTOP | 景況感格差とは BNFの株手法研究 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。