有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利と物価とは BNFの株手法研究

金利の動きと物価には密接な関係がある。

例えば、好景気になると消費や設備投資が活発になる。消費が増えるということは、モノやサービスの買い手が多くなるということなので、需要と供給の関係から、物価は上昇する。物価上昇の傾向が強くなると人々は少しでも安い値段で早くモノを買おうとするので、お金が使われる。金融機関はお金の流出を防ぐために、より有利な高い金利を預金者に提示する。その結果、金利が上昇する(1974年、1979~80年当時の石油危機時代の物価急騰・金利急騰が代表的な例である)。

また、物価は預金者が手にする金利にも影響を与える。例えば、A銀行で100万円を3%で預金したとする。税金などを考慮しなければ、1年後の受け取り金額は103万円になる。一方で、同じ1年間の間に物価が2%上昇したとしたらどうなるであろうか。預金によって3万円増加し、モノの値段が2万円増加するということは、実質的には1万円しか増えていないことになる。

このように物価は預金金利などの実質的な価値にも影響を与える。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

<< クズネッツサイクルとは BNFの株手法研究 | BNFの株手法研究ブログTOP | 金利と景気とは BNFの株手法研究 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。