FC2ブログ

有料株情報暴露!明日の注目銘柄
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負債比率とは BNFの株手法研究

レバレッジ比率、あるいは、ギアリング比率とも呼ぶ。

貸借対照表の貸方側の資本構成を表す指標。自己資本(=株主資本)に対する負債の割合を表す。一般的には、企業の安全性をはかる指標として使用される。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

スポンサーサイト

ROEとは BNFの株手法研究

企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合のことをROE(=自己資本利益率)と呼ぶ。

米国では株主構成に機関投資家が増加し、これらの投資家が「投下した資本に対し、企業がどれだけの利潤を上げられるのか」という点を重視したことも背景となって、最も重要視される財務指標となった。

企業は、株主資本(自己資本)と他人資本(負債)を投下して事業を行い、そこから得られた収益の中から、他人資本には利子を支払い、税金を差し引いて最後に残った税引利益が株主に帰属する。したがって、自己資本利益率は、株主の持分に対する投資収益率を表すことになる。

そのため、経営者が株主に対して果たすべき責務を表した指標と見ることができる。また、それは株主に帰属する配当可能利益の源泉となるものであり、配当能力を測定する指標として使われる。自己資本収益率は株式の投資尺度としても重要である。

自己資本利益率は、EPS(一株当たり利益)÷BPS(一株当たり純資産)と考えることも出来る。ここで、BPS(一株当たり純資産)が所与とすれば、自己資本利益率を高めることはEPS(一株当たり利益)の上昇につながり、将来的な企業利益上昇の期待から株価上昇につながる(企業の将来価値を金利等で割り引いた、企業の現在価値の上昇につながる)。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

自己資本比率とは BNFの株手法研究

自己資本と他人資本を合わせた使用総資産に対する自己資本の割合をいう。自己資本は純資産とも呼ばれ、企業のバランスシート上で資本金、法定準備金、剰余金などから構成される。

上記の項目からわかるように、自己資本は他人資本とは異なって返済義務がなく、配当金支払いも金利支払いとは異なって、業績に応じて弾力的に行えるなど、企業経営にとって安定的かつ好都合な資金源である。したがって総資本に対する自己資本の割合が大きい、すなわち自己資本比率が高いほど企業経営の安全度が高いということになる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

株主資本配当率とは BNFの株手法研究

年間の配当総額を株主資本で割って算出する指標のこと。株主の本来の持分である株主資本に対して、株式会社がどの程度、利益配分による配当を回しているかを示すもので、配当性向とともに株主還元の状況を示す指標の一つである。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

株主資本コストとは BNFの株手法研究

企業が事業を行うために調達した資本にかかるコストのうち、株主より出資を受けて調達した資本に対するコストのこと。

株主資本コストを調達企業側からではなく、投資家の観点からみると、投資家が要求をする最低限の要求収益率と定義することもできる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

株主資本回転率とは BNFの株手法研究

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。

株主資本回転率は、株主資本の効率を示すものである。資本が効率よく運用されているかどうかを表すことができる。回転率は、資産または資本が売上高を通じて、何回新しいものに置き換えられるか、1年間の回転数を表すものである。

回転率が高ければ高いほど、効率が良いとされている。総資本回転率と比較して、株主資本回転率が相当高い場合には、他人資本の比率が相当高い企業に見られる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

株主資本とは BNFの株手法研究

株主が出資した「資本金」や「資本準備金」、それを使って生じた利益の「利益準備金」や「利益剰余金」のこと。

資本金だけではなく、利益準備金や剰余金も、株主等の出資者の持ち分であるという考え方に基づいている。

自己資本ともいう。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

PERとは BNFの株手法研究

株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用される尺度である。株価が500円で、一株当たり利益が50円ならば、株価収益率は10倍である。

一般的には、市場平均との比較や、その会社の過去のレンジとの比較で割高・割安を判断する場合が多い。どのくらいの株価収益率が適当かについての基準はなく、国際比較をする場合には、マクロ的な金利水準は基より、各国の税制、企業会計の慣行などを考慮する必要がある。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

PSRとは BNFの株手法研究

時価総額を年間売上高で割ったもの。

これまでは、株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)、株主資本利益率(ROE)などの株価の水準をみるための指標が存在していたが、おもに株価売上高倍率(PSR)は、新興成長企業の株価水準をはかる指標として用いられる。

たとえば、売上高が同等の2社を比較した場合に、この倍率が高いほど、株価は割高と判断される。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

WACCとは BNFの株手法研究

企業全体の資本コストを算出する際に用いられるもの。株主資本コストと負債コストの加重平均。WACCに投下資本をかけると、資本コストが求められる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

買掛債務とは BNFの株手法研究

債務とは、借りたお金を返すといった、義務のことをいう。商品やサービスの提供を受けたものの、納めていない代金を支払う義務のこと。

買掛債務は負債とみなされ、買掛金とか支払手形などがこれにあたる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

買掛金とは BNFの株手法研究

貸借対照表の貸方項目の負債の部で計上され、1年以内に返済する予定の流動負債の一つ。

具体的には、商品を仕入れる等サービスの提供を受けたものの、まだ代金を支払っていないものをいう。一方、製品・商品の販売やサービスを提供したものの、まだ代金が回収されていないものを売掛金という。

売掛金、買掛金とも、企業の信用にもとづいた、現時点ではなく将来の現金の受取りや支払いを約束した取引であり、企業間の信用取引の一種である。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

販売費及び一般管理費とは BNFの株手法研究

企業の商品や製品の販売業務や本社の一般管理業務に発生した全ての費用のこと。営業費とも呼ばれる。

販売費及び一般管理費は、損益計算書上において表示される。
売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引くと営業利益となる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

営業循環基準とは BNFの株手法研究

企業会計原則が指示する資産および負債を、流動・固定に分類するために設定された基準。

材料→仕掛品→製品→売上債権といった、営業循環の過程にある資産とこれらの資産の調達によって生じた仕入の債務を、一年基準に関係なく、流動資産、流動負債とする基準のこと。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

営業外収益とは BNFの株手法研究

企業の本業以外の活動によって得られる収益のこと。主に財務活動から得ることができるもの。

一般に、営業外収益は、受取利息や不動産賃貸料収入があげられ、以下のことなどをいう。

預貯金や貸付金の利子である「受取利息」
株式の配当金などである「受取配当金」
関連会社などに投資して、その会社の当期純利益を、所有している割合だけ得る「持分法による投資利益」
なお、営業外収益は、損益計算書上において、営業外収益は経常利益の区分に表示される。経常利益は、営業利益に営業外収益を加えて、営業外費用を差し引いて算出する。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

売掛金とは BNFの株手法研究

貸借対照表の借方項目の資産の部で計上され、流動資産のうちの当座資産の一つ。製品・商品の販売やサービスの提供など、その企業の主たる営業取引から発生する未収入金で、1年以内に現預金で回収が見込まれるものをいう。

売掛金は、企業の信用にもとづいた、現時点ではなく将来の現金の受取りや支払いを約束した取引であり、企業間の信用取引の一種である。それゆえ、相手先の経営状態が悪化し、売掛金を回収することができなくなることがある。その可能性を事前に見積もっておくのが貸倒引当金である。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

売上高成長率とは BNFの株手法研究

決算書の数値などを基に、経営を量的に分析する財務諸表分析の一つ。

企業の成長性・企業規模の拡大をはかる尺度の一つとして売上高がある。売上高は、企業の活動量(フロー)を表し、一般に、売上高が前期より増加すれば増収、減少すれば減収を意味する。

過去5年間程度の数値の変化に注目し、その推移をもって判断することが好ましいとされている。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

売上高経常利益率とは BNFの株手法研究

売上高に対する経常利益の比率のこと。

営業利益は、売上高から売上原価・販売費および一般管理費を差し引いたものであり、会社本来の営業活動から生じた利益である。一方、経常利益は、営業利益に受取利息・配当金等の営業外収益を加え、支払利息等の営業外費用を差し引いたものである。つまり経常利益は、会社本来の営業活動から生じた利益に、資産運用・資金調達等に付随する営業外の金融収支を加えたものであり、会社の通常の状態であげた利益といえる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

売上総利益とは BNFの株手法研究

金融商品取引法の財務諸表等規則による損益計算書上において、売上から売上原価を差し引いた利益のこと。粗利益をさす。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

受取手形とは BNFの株手法研究

貸借対照表の借方項目の資産の部で計上され、流動資産のうちの当座資産の一つ。製品・商品の販売やサービスの提供などによって、その企業の主たる営業取引から発生する手形債権のこと。

手形代金を取り立てて現金を受け取ったり、裏書をして第三者に譲渡したり、営業取引先の不渡りなどによって消滅する。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

インタレストカバレッジレシオとは BNFの株手法研究

会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標。企業の信用力を評価するための財務指標のひとつであり、社債等の格付をおこなう場合でも重視される。損益計算書により計算することができる。

年間の事業利益が、支払利息・割引料の何倍であるかを示す。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

一年基準とは BNFの株手法研究

資産および負債を、流動・固定に分類するために設定された基準。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

EBITDAとは BNFの株手法研究

税前利益に支払利息、固定資産の減価償却費を加えて求める。損益計算書の利益とならんで最近、企業の評価に多く用いられるようになっている。国ごとに異なる金利水準や税率、その他の差違を取り除いた上で、各企業の収益を比較する際の指標である。

企業の経営成績を示す基本的な指標は損益計算書の利益であるが、これには「営業利益」「経常利益」「税前利益」「税引後利益」といったいくつかの段階がある。ただし、各利益にはそれぞれが持っている特徴とともに問題点もある。例えば「営業利益」は通常の営業活動によって得た利益として見られるが、減価償却の方法によって計上される利益が異なってくる。また、「経常利益」はこれに金融収支など財務活動の成果が加えられた、企業活動から得られた利益を意味するが、金利や有価証券売却益の影響を受ける。経常利益に一時的な損益を加えたものが「税前利益」であるが、一般的に海外の会計基準では日本と比較して"一時的"な項目が非常に少ない。税前利益から税金を引いたものが「税引後利益」で、税率によって大きく変化する。

このような金利・税率・会計基準の違いを最小限にした利益がEBITDAである。このためEBITDAは、海外に多くの子会社を持つグローバルな企業を分析する際や、海外の同業他社と収益力を比較する際に有用な指標とされている。具体的な株価評価では、このEBITDAに対して企業価値(負債プラス株式時価総額)が何倍に当たるかというEV/EBITDA倍率が使われる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

売上総利益とは BNFの株手法研究

金融商品取引法の財務諸表等規則による損益計算書上において、売上から売上原価を差し引いた利益のこと。粗利益をさす。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

FRSとは BNFの株手法研究

FRSは、日本の日本銀行に相当し、米国の中央銀行システムのことである。連邦準備制度という。

連邦準備制度理事会(FRB)と連邦準備銀行(FRB)で構成され、米国の金融政策などを定期的に決定するために連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

FOMCとは BNFの株手法研究

FOMCとは、米国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のこと。FRSの構成機関である。

FOMCは、米国の中央銀行ともいうべきFRBが定期的に開く会合で、FRBの理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、米国の金融政策やFFレートの誘導目標を決定する最高意思決定機関である。定期的に約6週間ごとに年8回開催される他、必要に応じて随時開催される。公定歩合は、各地区連銀によって決定される。

声明文は、FOMC開催最終日(米東部標準時間午後2時15分頃)に公表、議事要旨は政策決定日(FOMC開催最終日)の3週間後に公表され、市場関係者にとって今後の米国金融政策を占ううえでかかせない。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

量的緩和解除とは BNFの株手法研究

2001年3月から継続している日銀の金融緩和政策の操作目標を、金融機関が保有している日銀の当座預金残高の「量」から「短期金利(無担保コール翌日物金利)」に戻すこと。

日銀は、消費者物価指数(全国、除く生鮮食品:CPI)が前年同月比の上昇率で安定的にゼロ%以上となること、CPIが再びマイナスになる恐れがなくなる見通しを有していること、経済・物価情勢の影響が量的緩和の継続を必要しないと総合的に判断することを量的緩和解除の条件としてあげていたが、2006年3月9日の政策委員会・金融政策決定会合で、量的緩和解除を決定した。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

量的緩和とは BNFの株手法研究

日銀の金融緩和政策の操作目標を「短期金利(無担保コール翌日物金利)」ではなく、金融機関が日銀に保有する当座預金残高の「量」に置いた金融政策のこと。低金利政策が長期にわたって実施されても、金融機関の不良債権処理が進まず、なかなか実体経済に十分な資金が供給されない状況を改善し、金融システムの安定化とデフレを防止するべく2001年3月から導入された。

具体的には、日銀は、当座預金残高の下限目標(量的緩和の下限目標)と上限目標を設定し、その範囲内に金融機関の当座預金残高を引き上げさせるために、長期国債の買い入れを増やす等金融機関に潤沢な資金供給を行い、市場の短期金利を実質ゼロ%に誘導した(=ゼロ金利政策)。

そもそも、日銀当座預金は、金融機関が準備預金制度のもと、預金総額の一定割合を日銀に無利息で預け入れるものである。金融機関は、日銀の当座預金残高が、制度上必要金額以上に増えると、元本は安全であるものの、利息を生まない資産が増えることとなり、資産の運用利回りが低下することとなる。したがって、必要以上に積まれた当座預金残高については、金融機関がリスクをとっても貸出し等の運用を増やすことが想定されるので、結果として、実体経済へ資金が循環することが期待されたのである。

一方、操作目標を当座預金残高の「量」ではなく、従来の「短期金利」に戻すことを量的緩和解除という。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

リフレ政策とは BNFの株手法研究

不況下で生産活動が停滞しているときに、インフレ(景気過熱)を避けながら、金利の引き下げや財政支出の拡大によって景気を刺激し、景気回復をはかろうとすること。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

預金準備率操作とは BNFの株手法研究

金融機関は預金量に応じて強制的に一定割合を準備金として日本銀行に預け入れることになっている。この日本銀行に預け入れる資金のことを預金準備金といい、預金量に対する預金準備金の比率を預金準備率という。

日本銀行に預けるといっても、預金準備率には利子はつかない。これは金融機関が貸出過剰となって、預金払い出しに応じられなくなることを避けるための仕組みである。日本銀行は、手持ちの現金だけでは預金払い出しに応じられない状態になった金融機関に現金を貸し出すが、預金準備金はその時のために前もって預っておく担保のようなものである。

日本銀行は、金融機関が貸出に回せる資金量を操作することで調整している。つまり、日本銀行は、預金準備金という形でもマネーストックを増減させることができる。

BNFの株手法研究
清原達郎 wiki

| BNFの株手法研究ブログTOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。